So-net無料ブログ作成

児童相談所新設求め署名 大田区 都議会に請願書提出へ(産経新聞)

 大田区に児童相談所(児相)を増やして−。増え続ける児童虐待や子供の非行問題を受け、大田区の住民らが「大田児童相談所を設立する会」(梅沢喜代造会長)を設立し、署名活動を始めた。すでに約1千人分が集まったが、さらに賛同を求めるため17日午後1時から、JR蒲田駅前で署名活動を行う。今月中にも請願書を都議会に提出したい意向だ。

 現在、大田区を管轄する児相は、都立品川児童相談所。しかし、同児相は品川区、目黒区も担当しており、担当範囲が広い。ケースワーカーも少ないため、区内の家庭が抱えるすべての問題に対応しきれているとはいえないという。

 大田区によると、区内の新規虐待相談件数は年々増加傾向にあり、平成20年度は244件。また区内にある複数の警察のデータ(20年)では、区内で検挙・補導された非行少年は488人。また飲酒や喫煙、粗暴な行為、深夜徘徊(はいかい)など不良行為を行った少年は2637人いる。

 区は14年度から、「子ども家庭支援センター」を作ってこうしたケースに対応しており、現在は3カ所まで増やした。しかし、同センターには児相に認められている立ち入り調査権などがない。

 「大田児童相談所を設立する会」事務局の横沢史和さんは、「子ども家庭支援センターは不登校など『軽度』の相談には対応できるが、虐待や事件などの防止は強制力を持たないため難しい。児相が増えないままだと、虐待の芽や子供たちの発した非行の兆候が、事件につながってしまう」と懸念する。

 署名活動の問い合わせは横沢さん(TEL090・6530・2603)へ。

2遺体は瀬谷さんと孫の朱莉ちゃん 群馬の3人死亡火災(産経新聞)
アザラシの子、千葉の漁港に迷い込み保護(読売新聞)
<雑記帳>「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
「QCサークル活動」発表会を26日に開催(医療介護CBニュース)
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献−米大学(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。