So-net無料ブログ作成
検索選択

<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)

 文部科学省が今年4月の全国学力テストを抽出方式に切り替えたことを巡り、鳥取県の平井伸治知事は14日、市町村教委が全児童生徒に受けさせる場合は県が経費を全額肩代わりする方針を示した。

 文科省は昨年12月、抽出率約30%に絞って実施することを決めた。県内では小6の約2900人、中3の約2400人が対象から外れる。平井知事は「子供の学力向上の材料として学力テストは貴重」として、これまで通り全員参加を目指す。

 市町村教委が希望すればテストの問題は文科省から無償で提供される。自治体側の負担となる採点などの費用を県がもつ。県内全市町村が全員参加とした場合、約1000万円の経費が見込まれる。

 同省によると、岡山福岡、沖縄各県が同様に全員参加の方針を示しているという。【武内彩】

【関連ニュース
学力テスト:2011年度から独自に実施 大阪府教委
学力テスト:自治体が公表判断 文科省、市町村別集計せず
学力テスト:抽出3割に縮小 自主参加、自治体間で温度差
全国体力テスト:小5は福井1位維持 地域差が固定化
記者の目:学力テストを教育現場から考える=田中博子

証人に裁判官ツッコミ「届出印の保管はそんなに軽いこと?」(産経新聞)
<自動車総連>賃金カーブを維持 春闘方針決める(毎日新聞)
「参政権法案、必ずしも公約でない」平野長官(産経新聞)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。