So-net無料ブログ作成
検索選択

10年版厚労白書、8月中に閣議に報告(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月26日の政策会議で、2010年版厚生労働白書(暫定版)のポイントなどを出席議員に説明した。今後、議員から6月16日までに意見を集めて最終版に反映させるという。最終版は8月中に閣議に報告される予定。

 10年版厚労白書のテーマは、「生活者の立場に立つ信用される厚生労働省」。冒頭の「はじめに」では、年金記録問題や薬害肝炎問題をはじめ、国民の信頼を失墜させる問題があったと振り返り、「率直にお詫びを申し上げたい」などとしている。
 同白書は、第一部「厚生労働省改革元年」、第二部「世界に誇る『少子高齢社会の日本モデル』の確立」の2本柱。
 第一部では、▽厚生労働省の反省点▽厚生労働省改革への取組み―を盛り込んでおり、旧社会保険庁をめぐる問題や薬害肝炎事件、内部改革が主な論点となっている。
 第二部では、▽国家の危機管理への対応〜新型インフルエンザ(A/H1N1)を中心に〜▽「少子高齢社会の日本モデル」の構築と現下の政策課題への対応―をテーマにしている。
 「日本モデル」は現在検討中で、最終版には盛り込まれる予定。

 会議後、記者会見した長浜博行厚労副大臣によると、出席議員からは「いつもの(白書)とは違う」「(冒頭の)反省のインパクトに違和感がある」などの意見が寄せられたという。

 長浜副大臣は議員から意見を集めることについて、「(長妻昭厚労)大臣の強い意思で皆さんの意見を求めたいということだった」と説明。「これから意見を頂いて、暫定版からさらにブラッシュアップしていく」と述べた。


【関連記事】
新型ワクチンの集団接種を提言―厚労省総括会議
薬害肝炎問題解決に向け厚労相に要求書―全国弁護団
介護職員のたん吸引など実施へ法案提出―来年の通常国会に
今年度の厚労白書を閣議報告
医師不足対策、ビジョンに沿って―厚労白書

全日空機が緊急着陸=警告表示で右側エンジン停止―成田(時事通信)
普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)
巨大な角の新種恐竜=トリケラトプスしのぐ? ―メキシコで化石発見(時事通信)
また神戸で資材盗 市委託工事現場から鉄板18トン(産経新聞)
<普天間問題>「辺野古移設」反対…東京でも集会(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。